「存在感を出すことが、自身と会社のためになっていく」

存在感を出すことが、自身と会社のためになっていくソリューションビジネス本部 第二事業部 第一システム部R・Yさん 2013年入社 2年目

創作活動への関心と情熱が志望動機

私自身はずっとモノ作りをしたいと思っていて、何かを創るということに興味を持っていました。モノ作りは特に学生時代やったわけではありませんが、自分が何をやりたいかと考えた時、学生時代バンド活動をやっていて、現在でも楽曲を作ったり絵を描くなどの創作活動に関心があるので、創作につながる仕事がしたいと思うようになりました。私の父がIT関連の仕事をしていたことも大きいと思いますが、就活をしている中でマネージビジネスと出会い決めました。
他社と比べて当社の面接が自分にしっくりきたのは、“私がどういう人間か?”を引き出そうとするスタンスがよく見えたからで、面接時の雰囲気がとても気に入りました。入社が決まった時、ITの知識はありませんでしたが不安はなく、研修を通して自信もついていきました。

社会人になって知った質問することの難しさ

入社以来、ずっと現在の証券会社でインターネット上のオンライントレードシステムの開発を担当しています。ちょうど今、お客様にシステムを提供するためにがんばっている最中で、その瞬間は緊張しますが達成感もとても大きいです。また、ここは最初から最後まで一貫して経験できる現場なので、仕事の流れを把握できるので、学ぶという意味でもとてもためになっています。
社会人になって感じたのは、質問をするということの難しさですね。それをクリアしないと仕事は進みませんので、コミュニケーション能力は間違いなく身についたと思います。
開発技術という面では、現在、直接的なプログラミングが十分にできない環境にいるので、プログラムがしっかり組めるような技術をもっと身に付けたいと思います。

自分でなければダメだという行動が必要

お客様先に常駐していますが、その際に気を付けているのは、会社のためだけではなく自分のためにも存在感を出すということです。それは“でしゃばる”ということではなく、誰でもいいと思われたらおしまいで、「自分=マネージビジネスでなければダメ」という行動が絶対的に必要だと思っています。
10年後はマネジメント職についているでしょうから、自分が入社した時にお世話になった上司のような指導ができる人間になりたいと思っています。仕事も人間的にもすばらしい方と会えたのが貴重な財産ですね。

社員の声トップページ