「カタチになる喜びを共有できるステージ」

カタチになる喜びを共有できるステージソリューションビジネス本部 第二事業部 第一システム部R・Mさん 2012年入社 3年目

法学もITも、基本は“ロジック”

当社を知ったきっかけは就活サイトです。IT系企業を一通り見ていた時に、直感が働きました。詳しく調べたところ、社風が穏やかそうで、経営が安定しているというのに惹かれました。IT系というと、理系のイメージだと思いますが、実は大学時代は法学部だったので、友人たちにも「なぜIT系を選ぶのか?」と言われました。でも、法学はロジックが重要なので、とてもエンジニアに向いている学問だと個人的には思います。実際にエンジニアの世界に入ってみても、ロジカルな考え方が大事なところが共通点だと思いました。もちろん、言語は入社してから頑張って覚えました。どれだけ努力するかというのが大事だと思います。

スキルアップは現場で

入社以来、身に付いたものと言えば、やはり開発・設計のスキルでしょう。当社の新人研修は、最初に3か月ほど他社との合同研修を受けて、そこで座学と実習で一から学びます。その後はOJTで1年間、現場で先輩と一緒に仕事をして実際に開発を行います。私が配属されたのはアンドロイドのアプリケーション開発チームで、最初から1画面を任されました。いきなり自分にできるだろうか?とは思いましたが、先輩にサポートしてもらいながら作ることができました。社内の雰囲気も話しやすく、席も近いのですぐに聞くことができて心強かったですね。現在ではアンドロイドの開発はすべて自分に任されていますし、後輩の指導もしています。

ユーザーからの評価がダイレクトに伝わってくる喜び

最近、私が担当したもので、スマホをカラオケの電子目次として使えるようにするアプリがあるのですが、機能が盛りだくさんなので、それをスマホで再現するのが大変でした。でも、実際にお客さんがお店で楽しそうに使っているのを見ると嬉しいですね。アプリなので、レビューで利用者の声を直接聞くことができるのも良いですし、それがやりがいになっています。今、アプリのゲームが流行っていますが、私もゲーム好きなのでそういったゲーム系も作ってみたいなと思います。ただ、なかなかそういう機会はないですが、自分で考えたゲームを作れたら素晴らしいと思います。

自分が何をしたいのか?が行く先を決める

これから就活を始める学生さんには、「自分が何をしたいのか?その目的に合った会社を選ぶことが大事」だと言ってあげたいです。私自身は、「何かカタチにできるものを作ってみたい、作らせてください」という気持ちがあったので、そういう気持ちを全面に出してきました。とにかく素直な自分の気持ちを伝えるべきですね。私も今後、さらに多くの経験を積みたいと思っていますし、大きなシステムの構築も経験したいです。そのためには他の言語を学ぶことも必要ですが、それは独学でも学べるし、工夫次第で勉強時間はいくらでも作れると思います。マネージビジネスは、そういったステップアップが可能な会社です。

社員の声トップページ