「上下・横の関係を超えた一体感・団結力が素晴らしい」

上下・横の関係を超えた一体感・団結力が素晴らしいソリューションビジネス本部 第一事業部 第二システム部M・Nさん 2010年入社 5年目

内定取り消しで考えた“手に職を付ける”ということ

大学生の時に決まっていた就職先が、リーマンショックで内定取り消しになってしまい、1年大学に残って、改めて就活を始めました。そんな経験をしたので、何かしら技術的なものを身に付けないといけないと感じた覚えがあります。会社説明会で手あたり次第いろいろな会社の説明を聞いたのですが、マネージビジネスの幅広い分野を扱う技術力と、先輩や社長の人柄に惹かれて決めました。私は経済学部出身ですが研修もありますし、特に不安は感じなかったです。
実際にマネージビジネスに入社して感じたのは、上下、横の関係が強いということ。例えばトラブルが出たという時に、他の課や社長も一体となって対応できる、課や部を超えた団結力を感じます。そういった誠心誠意の対応を、お客様にも評価していただいているようです。

がむしゃらに駆け抜けた新人時代

研修の後、市役所の運用プロジェクトに配属になりました。ここの仕事は、お客様のニーズや悩みを伺って開発者に伝える、「技術者とお客様との橋渡し役」だったのですが、実はこの仕事は根底に技術力がないとお客様に説明ができないので、とにかく上司の仕事に同席して、資料の用意や会議室の手配など、自分ができることを見つけることからのスタートでした。打ち合わせで知らない単語がたくさん出てきますので、メモしておいて後で調べる。それでもわからない場合は先輩に聞くなど、とにかくその時はがむしゃらに駆け抜けた感じです。また、このプロジェクトの場合、市役所の方にはクライアント様の顔として、クライアント様と話をする時はマネージビジネスの顔として。自分の立ち位置に気を付けて行動するのが大切でした。そのあたりの感覚は今の仕事に役立っています。

管理職を目指してさらに技術力を高めたい

現在はまったく違う仕事内容のプロジェクトに配属になっています。他の経験を積んでみたいという気持ちがあったところを、上司がくみ取ってくれました。また、会社としても力を入れている基盤となるプロジェクトだということで、頑張って欲しいと言われました。ですから一からまた勉強ですね。
今後の目標としては、管理職的な仕事をしていきたいと思っておりまして、複数のプロジェクトの費用の交渉などもやってみたいです。その場合、できるだけ小さなところも見ていける管理職になりたいです。でも、まずは一つのプロジェクトリーダーをしっかりやり遂げることが先だと思っています。そのためには今の現場でしっかりと技術の知識を付けたい。そこが語れるようにならないと、全体の管理はできないと思っておりますので、これからもさらなるスキルアップを目指します。

社員の声トップページ