「夢は新たなビジネスサービスを提供する会社を立ち上げること」

夢は新たなビジネスサービスを提供する会社を立ち上げることソリューションビジネス本部 第二事業部 第一システム部 K・Wさん 2008年入社 7年目

自分が本当にやりたいことに近づいてきた

実は当社に入る前は2年間、ハードウエアを作る仕事をしていて、黙々と机に向かって作業をしていました。間接的にソフト開発にもかかわってはいたのですが、自分がやりたいことと違うと思って、第二新卒として転職活動を開始して合同説明会に参加しました。そこで会長と社長に出会ったのですが、説明会の後、ぜひ私どもの会社に来て欲しいと連絡がありまして、その人柄と、社員を大切にしている会社の雰囲気を感じて、そういう会社で働けたらいいなと思いました。
入社直後は販売前のシミュレーターのパッケージ開発からスタートしまして、2年ほどしてから現在のプロジェクトに。今は主に開発メインで、スマホアプリ開発、ウエブ関連など、またBtoB対応というところで、社内システムの構築のほか、県民の皆様に病院情報を提供するシステムを担当しています。だいぶ自分のやりたいことに近づいてきた感じです。

“飲み会の幹事がうまい人”はエンジニア向き

学生時代、システム開発はあまり人と話をしなくてもいい仕事だと思っていました。でも、実は結構コミュニケーションスキルが必要とされるのだとわかりました。どんな人が向いているか?と聞かれたら、「飲み会の幹事がうまい人」と答えます。幹事はまず「このメンバーだと何を食べて、いつ開催するか?」と考えて計画しますよね。仕事においても段取りや準備が必要で、「お客様はどう思っていて、どんなことで困っているのか?」とか「これを用意した方が良いのでは?」など、そういった相手の気持ちを推し量ることが得意な人がエンジニアに向いていると思います。私自身、それが最初からできていたわけではなく、上司と一緒にお客様のところに行って、そこでのやりとりを見て、身をもって経験しながら学んできました。ですから、そのあたりはやる気さえあればいくらでも変えていけると思います。自分は無理だとあきらめないで欲しいですね。

やる気があれば、なんでもできる会社だと思う

先日行われた研修で、外部からお呼びした講師の方から「社長をはじめとした管理職の方たちの連携が良い会社だと思った」と言われました。管理職同士の関係が良く、考え方をしっかり共有できているため、進むベクトルが一緒。意見のやりとりはしますが、目指す方向が同じなのです。また、社員が管理職に提案しやすい雰囲気もあります。やる気と実現できるスキルや実績があれば、なんでもできる会社だと思います。
今後、私自身としても技術向上と並行して、経営に近いスキルを身に着けたいと思っています。独立ではなく、当社の傘下としての新たなビジネスサービスを提供する会社を立ち上げたい、私たちから企業に向けて、自ら発信していけるようなところにもっていけるようになりたいと思っています。

社員の声トップページ