「新入社員の強い味方“充実の研修・教育システム」

新入社員の強い味方“充実の研修・教育システム”ソリューションビジネス本部 第二事業部 第一システム部T・Kさん 1997年入社 18年目

顧客の要望に応えるための緊張感がやりがいにつながる

私は中途採用での入社で、以前勤めていた会社は別の業種でした。元々コンピューター系の学校出身でITに大変興味がありましたので求人を見て応募しました。 現在は、教育・出版・語学・介護事業を行っている会社の販売管理システムを担当しています。販売管理ではパソコンのスキルだけでなく、業界の知識も求められます。現在は、これまで人がやっていた部分を自動化しようとしていて、実現はとても難しいのですが挑戦しているところです。システムの入れ替え時は正直大変で、なかなか一度でお客様のご要望に応えられるケースはありませんが、その時の緊張感がやりがいにつながっているのだと思います。

一から学ぶためには十分すぎるくらいの環境

当社にはそれまでコンピューターに関わったことがない方も多く入ってきます。最初は不安に思うかもしれませんが、研修・教育システムがしっかりしていますのでそういった方でも困ることはありません。3か月の新人研修が終わって業務に就いても、さらに上の研修を受けることが可能ですので、一から学ぶためには十分すぎる環境なのではないかと思いますし、私も機会をみつけて参加しています。私の場合、学校でコンピューターを習ったことも役に立っていますが、入社してから覚えたアルゴリズム(コンピューターを使ってある特定の目的を達成するための処理手順)がとても勉強になっています。

「スゴイ!」と思える先輩に会える

また、資格を取得するのは自身の能力を試す意味で有意義ですが、資格を持っていてスゴイ人というのは、実はあまりいないのが現状です。私がこれまでお会いした中でそういう人は数人ですが、その「スゴイ!」と思う一人が現場にいらっしゃるので、そんな人の仕事ぶりをぜひ新人の方に見てもらいたいと思っています。センスは必要ですがスキルは色々なことを経験していくことで間違いなく磨かれていく、ということが実感できるはずです。

プロジェクトをコントロールするスキルを身に付けたい

マネージビジネスに入って良かったと思うことは、会社が大きくなっていくのが実感できる喜びですね。もちろん、この社風や社員間の仲の良さも自慢です。女性ももっと活躍できるように可能な限り環境を整えようとしていますし、自宅開発という環境作りも検討中です。
私自身は18年目になりますので、現場で技術力を磨くのは言うまでもありませんが、さらに、プロジェクトを円滑に進めるためにマネージメントのスキルを付けたいです。なおかつ社内だけでなくお客様に対してもコントロールする力を身に付けて少しでもいい方向にもっていくようにできればと思います。

社員の声トップページ